第8回 自衛隊と米軍ではだいぶ違う「点検の許容範囲」──②外部点検

戦闘機のところまで着いたら、パイロットも点検を行ないます。

自動車と違い、戦闘機乗りには想像以上に重要なプロセスの一つで、厳格なルールも定められているようです。

今回は通常、パイロットがどのような箇所を、どのようなことに気を付けながら見て回っているのか、また、その意図について解説してもらいます。

まずはコクピットを点検──外部点検のための点検

戦闘機に到着したら、ここからが本番です。並んでパイロットの到着を待っている整備員の皆さんに挨拶し、ヘルメットやフライトバッグを渡して身軽になってから点検を始めます。

まずはラダー(はしご)を登ってコックピットをのぞき込み、シートに安全ピンが入っていることを確認します。さらに、脚ハンドルが下りているとか、フラップレバーが上がっているとか、その他重要なスイッチなどが所定の位置にあることを確認します。

まずF-16のコクピット内の点検を行なう米空軍のパイロット。動画ではこの後にラダーを降りて、機体外部の点検を行なっている(Image:YouTube「USA Military Channel」からのスクリーンショット。画像クリックで動画へ移動)

ここで最初に、機体外部ではなくコックピット内をのぞく理由は、外部点検が安全にできるかの確認を一番にするためです。

機体によっては外部点検前に電源を入れる必要があるものもあるので、まずはコックピット内を点検して、急に作動する危険性がある装置がちゃんと不作動位置になっているかなどを確認する必要があります。

これも自分の身を守るためです。さもないと最悪、外部点検中に戦闘機に腕とかを挟まれる可能性があります。すべてにおいて安全第一が基本です。

レバーやスイッチが「あるべき位置にある」ことを確認

フラップレバーの位置の確認は一つの例ですが、基本はすべてのスイッチがOFFになっていて、レバーもあるべき位置にあることなどを確認することが重要です。

厳密には、マニュアルに外部点検前のコックピット点検は指示されていません。通常、手順の最初は781と言われる当該飛行機の整備記録の確認からで、この後に外部点検に入ります。

整備記録を点検していると推定される米空軍のパイロット。動画ではこの後諸々の点検へと移っている(Image:YouTube「AirSource Military」動画からのスクリーンショット。画像クリックで動画へ移動)

その他重要なスイッチとは、とくに武装関係のスイッチです。多くのスイッチには安全装置があって、電源が入ったぐらいでは作動しませんが、その安全装置自体が壊れていると瞬時に作動してしまいます。

昔、安全装置が作動していると思って、あるスイッチを入れたら、その装置が作動してしまって飛行機を壊してしまった事故もありました。

渡邉吉之・著
『戦闘機パイロットの世界
“元F-2テストパイロット”が語る戦闘機論

飛行時の体感から、計器・HUDの見方、エンジンスタートから着陸までの手順、空戦やマニューバー、失速や緊急時の対応方法まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

渡邉吉之元航空自衛隊パイロット、テストパイロット
(わたなべ・よしゆき)
1951年東京都生まれ。防衛大学校を経て航空自衛隊へ入隊。第8航空団(築城基地)でF-4EJ、飛行開発実験団(岐阜基地)でF-15J戦闘機などのテストパイロットとして勤務。操縦経験機種は各種戦闘機のほか、グライダー、軽飛行機、練習機、大型輸送機、ヘリコプターなど30機種におよぶ。
1990年、F-2支援戦闘機の開発のために三菱重工業に移籍。新製機や修理機のテストフライトを担当し、設計の改善等をアドバイスする。1995年、F-2の初フライトを成功させる。その後、同社の戦闘機の生産拠点である小牧南工場の工場長などを務める。
著書に『戦闘機パイロットの世界』(パンダ・パブリッシング)、共著に『零戦神話の虚像と真実』(宝島社)がある。